今日は、10時より福祉保健常任委員会が開催されました。

議題の中で、梅ヶ丘拠点整備に係る区の複合棟基本設計中間報告及び民間施設棟整備の検討状況の報告がありました。中間報告の中では、区複合棟の概算経費が約99億5千万円になるとの報告であります。この報告は平成25年12月の梅ヶ丘拠点整備プランでの72億円に比べて約27億5千万円の増加でその理由について、ヒアリングしたところ、建設コストの増加が約12億円、免震工事をすることで約11億円、消費税引き上げ等で約4億5千万円とのことでありました。また、委員会では、今後の梅ヶ丘拠点での「がん拠点」としての位置付けについて質問および、意見を述べさせていただきました。

その他の議題では、総の合福祉センターの移行計画、子どもの人権擁護機関「せたホッと子どもサポート」についての報告もありました。