27日にオバマ大統領が、現職アメリカ大統領として初めて被爆地・広島を訪問されました。
冒頭にオバマ大統領は、「71年前の快晴の朝、空から死が降ってきて、世界は変わってしまった。閃光と火の塊が街を破壊し、人類が自らを滅ぼす手段を手にしたことを見せつけた」
「我々はなぜこの地、広島に来たのか。それほど遠くない過去に解き放たれた恐ろしい力について思いをはせるためであり、10万人を超える日本の男性、女性、こどもたち、多くの朝鮮半島出身者、捕虜となっていた米国人を含めた犠牲者を追悼するためにきた」
と述べられました。
また、「爆弾が落ちてきた瞬間に思いをはせずにはいられない」「1945年8月6日のあの朝の記憶は消して消えることはない」「そうした苦しみを言葉で言い表すことはできないが、歴史を直視し、再び起きないように自問する責任を共有している」「核兵器のない世界は私が生きている間には実現しないかもしれないが、勇気をもって追及しなければならない」
とスピーチされました。

公明党の山口代表は
一、現職の大統領として、原爆を投下した国のリーダーが被爆地・広島を訪問したこと自体、歴史的に大きな意義がある。現職の大統領が被爆の実相を見て、感じる機会を持ったことを歓迎したい。
一、核兵器のない世界を日本と共に目指し、世界に訴えかけていくという強い決意を広島の地で発信したことを重く受け止めたい。公明党もオバマ大統領の広島、長崎の被爆地訪問を求めてきた。この日を重要な歴史の転換点とし、核のない世界をめざしてともに歩んでいきたい。
と見解を述べております。

私も、このオバマ大統領の広島訪問を今後の世界の核兵器の無い世界への需要な転換点として、歴史にとどめ、更なる平和構築に努力をしてまいりたいと強く決意しました。