unnamed

厚生労働省の有識者検討会が「喫煙と健康影響」に関するたばこ白書案をまとめまた。

それによりますと、日本の受動喫煙対策を世界最低レベルとして屋内100%禁煙化を目指すべきであると提言しております。

また、がんなどの22種類の病気の発症や病気による死亡の要因として喫煙が「確実」との判定結果もまとめておりました。

他人のたばこの煙を吸う受動喫煙でも7種類の病気で因果関係があるのは確実ともしております。

国の検討会が日本人への影響を総合的に判定したものは今回初めてであります。