本日の参議院本会議で公的年金の受給に必要な加入期間を現行の25年から10年に短くする無年金対策を盛り込んだ法案「改正年金機能強化法」が成立しました。

これにより、来年9月分から新たに約64万人が年金を受け取れるようになります。

公明党は、この無年金対策として10年に受給資格を短縮することを、夏の参議院選挙でも国民の皆さまに訴えてまいりました。

今回、ようやく実現の運びとなりました。

ありがとうございました。