unnamed

昨日は、NPO法人 ビーハピィ・ジャパン主催の婦人科がんオープンセミナーに参加しました。

最初にタレントの「原 千晶」さんより30歳、35歳の時に子宮がんを体験したことをお話しいただきました。

原さんは、自分が病院に行かなかった経験を話され、「早期発見早期治療の重要性」や「がんは自分ばかりではなく家族や多くの方々に影響を与えること」などを切々とお話しされ、感動的なお話しでありました。

次に登壇されました自治医科大学教授の「今野 良」教授からは子宮体がん・子宮頸がんの予防・治療について専門家の立場から講演していただきました。

世田谷区ではがん対策推進条例を策定し、今年がん対策推進計画をつくりました。

今後、更にがん予防、がん検診、がん教育に全力で取り組んでまいります。