昨日は文教常任委員会が開催されました。
請願審査1件、報告事項10件ありました。

報告の中では、学校のコンクリートブロック塀等および通学路の安全確認について説明がありました。

6/18の大阪北部地震でのブロック塀倒壊による児童の死亡事故を受けて世田谷区でも全小学校、中学校、幼稚園のコンクリートブロック塀の緊急調査を行い、その報告がありました。
報告の中では、 全99施設の目視点検の中で建築基準法に適合しない塀は2校あるとのことでした。
1校(瀬田中学校)はすでに塀の除却済み、もう一校(代沢小学校)は学校の中にあるが子どもたちが入ることができない箇所にある塀とのこと。しかし安全確保の上で近々除却することになっているとの報告でした。

他にも調査では一部損傷のある塀や擁壁があったとのことですが、早急に修繕等行うとのことであります。

また、通学路の安全確保については、学校長との調整の上これから通学路の安全確認を実施していくとの報告もありました。
(9月末を目途に教育委員会事務局あてに結果報告を依頼することになります。)

私は委員会の中で、学校の塀の専門家による調査の実施、また最優先での通学路の安全確認を進めることを要望させていただきました。