懇話会第三弾。
「幼児教育懇話会 」を公明党世田谷総支部主催で開催させていただきました。

幼児教育の無償化が明年10月よりスタートするにあたり、無償化による待機児童への影響や幼児教育の定義の明確化や質の確保など様々な課題解消のために、高木厚労省副大臣、国、東京都、世田谷区の関係所管に出席頂き、講演および意見交換会を行いました。

内閣府からは「幼児教育無償化について」東京都より「東京における保育施策の展開について」世田谷区より「量的拡大と質の向上を両輪に考える保育施設整備について」「世田谷区幼児教育・保育推進ビジョンについて」それぞれのお話しを頂きました。

意見交換会では、出席された保育園、幼稚園等の事業者の皆さんから、保育施設助成のあり方や保育士処遇改善についてなど質問意見等頂きました。

本日頂きましたご意見は公明党高木美智代厚生労働省副大臣、栗林都議、公明党世田谷区議団で真摯に受け止めてまいります。