5月30日、31日に、福島県南相馬市へ公明党世田谷区議団5名(諸星、高橋、佐藤、平塚、高久)で訪問して参りました。当日は桜井市長と面談もばもいただきました。市長は大変忙しい所、我々と会って頂き、当市の厳しい状況について説明をいただきました。南相馬市は人口71494名(23年2月)原発20km圏内の避難指示区域があり1400人以上の人が避難しているとのことであります。また、津波による被害も甚大であり、1800世帯が津波被害を受けているとのことであります。小学校も4校に22校の児童が学んでいるとの話でもありました。
我々5人も津波の被害状況を視察しましたが、凄まじい津波の威力にただ、呆然とするばかりでした。今後、当市の災害復興、原発問題に対し世田谷区として、全力で協力して参りたいと思いました。