文教委員会視察3日目は恵庭市の「読書のまちづくりについて」視察しました。

恵庭市では平成25年に北海道発となる「恵庭市 人とまちをはぐくむ読書条例」を制定しました。

具体的には生後9,10か月児の健診時に本をプレゼントして絵本を通して乳幼児と保護者が触れ合う時間を持つきっかけを届けるブックスタート事業や、学校図書館システムの一元化により学校間の本の貸し借りや私立図書館の本を学校で検索できるシステムの構築を行っておりました。
また、市内のお店に本を置いてもらって「まちじゅう図書館」の取り組みを展開してりました。

今後、世田谷区の図書館活用に活かせていきたいと思いました。