公明党区議団有志で世田谷区厚生会館で実施されている「紙の地産地消」事業の視察に行ってまいりました。

世田谷区の外郭団体の一つである㈱世田谷サービス公社が、オフィス用製紙機を購入(Paper Lab A-8000)、この製紙機でオフィス用の古紙を再生・再利用する「紙の地産地消」を実現しておりました。

(この機械は古紙の再利用するにあたり、一般的に必要な大量の水が必要ではなく、環境負荷を抑えた優れた機械とのことでした。)

また、この古紙再生の事業を同社では、障がいのある方に担っていただいており、障がい者雇用にも貢献しておりました。

紙のリサイクル、環境負荷の低減、障がい者雇用の促進、個人情報保護の新たな取り組みとして大変に期待されます。