就労移行支援事業所「世田谷区砧工房分場キタミ・クリーンファーム」へ視察に行ってきました。

このキタミ・クリーンファームは18歳以上の障がいのあるかたが、就労移行するための働く力を育成するための約2年間の就労支援の場所で、ここでは水耕栽培が行われております。

今日伺った現地での視察では、サラダ菜とルッコラを栽培しておりました。

作業は種まき、定植、収穫準備、袋詰め、パネル洗いなど一環の作業を行い、約1か月半ぐらいで収穫ができて、近隣のスーパーなどに卸しているとのことで、ビニールハウスの中では、利用者のみなさんがてきぱきと作業を行っているのを拝見させていただきました。

一般の福祉作業所などでは工賃アップのためにクッキー販売や公園清掃請負など行っておりますが、水耕栽培作業を行っている事業所は世田谷ではここだけです。

農福連携で農業と福祉の連携が注目されておりますが、クリーンファームは世田谷の都市農業と障害者福祉の連携の先駆的な取り組みとして大変参考になりました。