朝11時より都内で公明党東京都本部主催の賀詞交歓会があり、出席しました。ここには、太田代表が出席され、原油高など「多難な景気経済の中で今年はスタートを切った」とし、重要課題に対して攻めに向かい、未来を眺望しながら、スタートを切る節目の年にしなくてはならないと決意されました。その上で日本のGDPと給与所得を引き上げる必要性を強調されました。

また、交歓会には自民党の伊吹幹事長、石原都知事、岡村日本商工会議所会頭、古賀連合事務局長など多くの来賓が参加され、公明党にエールを頂きました。