本日、夜7時より、区民会館集会室で公契約推進世田谷懇談会主催の「公契約条例の制定をめざす世田谷のつどい」に参加しました。

国や地方自治体が発注する公共事業において、業者間の価格競争が激化していることによって、事業者の経営悪化や、そこに働く従業員の労働条件の悪化が指摘されております。そうした中で、公契約において一定の労働条件の確保や事業の品質確保をしていこうとするものであります。

世田谷区においては、昨年「公契約条例に係る検討委員会設置を求める請願」が議会で採択され、公契約のあり方検討委員会が設置されスタートしたところであります。

今日の会合では公契約の成立を期待する多くの方の意見があり、公明党区議団からも板井議員よりご挨拶させて頂きました。