都市整備委員会の視察の一日目は、奈良県の自転車利用環境の整備について学びました。

奈良県では平成22年に「自転車利用促進計画」を策定し、県民及び、同県を訪れる観光客の自転車利用の促進に向け、観光エリアを結ぶ自転車利用ネットワークの設定やサインの整備・統一を行ったほか、情報発信・トイレ・休憩スポットとなる拠点施設の設置など自転車利用環境の整備を行っているとのことです。

写真は奈良県とヤマト運輸が提携している「クロネコならTABI」の営業所を視察。この営業所では自転車の受け取りや配送を今後実施する予定とのことであります