世田谷文学館で明日より始まる「茨木のり子展」に公務で出席しました。
茨木さんについては、私もあまり知らなかったのですが、学校の教科書にも採用されているほどの有名な詩人です。世田谷区の梅ヶ丘にも一時下宿していたようです。
展覧会では、「わたしが一番きれいだったとき」「自分の感受性くらい」「倚りかからず」など有名な詩とともに本人にゆかりの品々が展示されており、大変充実した企画でありました。
なを、展覧会の会期は4月19日より6月29日までです。