都市整備委員会の2日目の視察先は京都市でした。
京都市の総合交通戦略「歩くまち・京都」を視察しました。
京都市では「人が主役の魅力あるまちづくり」を推進するために、健康、環境、観光などの幅広い観点から、人と公共交通優先の「歩いてたのしいまち」の実現を目指して、「歩くまち・京都」憲章を制定し、「歩くまち・京都」総合交通戦略を策定しておりました。
具体的には自動車抑制等を通じて歩くことを中心としたまちと暮らしに転換するため、非自動車分担率80%を目指して取り組んでおります。