公明党区議団5人で「松本市の健康づくりの取り組み」の視察に行ってきました。
松本市の健康寿命延伸の取り組みが、厚生労働省の「第1回健康寿命をのばそう、アワード」で厚生労働大臣賞自治体部門優秀賞を2013年に受賞されております。

松本市は平成25年3月に「健康寿命延伸都市宣言」を議決し、人、生活、地域、環境、経済、教育文化の健康に取り組んでおります。
現在松本市では健康寿命が男性83.39歳(平均寿命87.3歳)女性が健康寿命が79.72歳(平均寿命が80.8歳)で極めて健康寿命が高い自治体であります。
現在健康づくりで取り組んでいる特徴的な事業は
①こどもの生活習慣改善事業
②働き盛りの生活習慣病予防事業
③身体活動維持向上事業
④食育推進事業
⑤企業との連携
などです。
また、松本市では松本市健康推進員会の約900名の方々が市民の健康づくりの一翼を担い活動されております。