IMG_2064IMG_2065

 

 

 

 

 

 

 

福島県会津若松市にある木質バイオマス発電をしている「グリーン発電会津」に視察にいってまいりました。

現在、日本の林業は価格の安い外国輸入材によって押され、間伐もできずに、森林が放置されている状況があります。

この企業は、山に放置されている山林未利用材等を木質バイオマス発電所の燃焼材料として使用して、5700KW(10000世帯)の発電を継続的に行っております。

この企業の発電によって売られた電力は、山林の整備費用になり、育林、植林につながっております。そのことに伴って、地域の林業の雇用の創出にもなっております。さらに、CO2の削減で環境負荷低減に効果を生み出しております。

世田谷区では、今後、自然エネルギーを活用した自治体間連携を推進していくことになっておりますが、このような企業、地域は、今後世田谷区の自然エネルギーの活用に大いに参考になりました