千葉県柏市に視察に行ってまいりました。

柏市では市民の憩える緑の空間うを増やしていこうという取り組みを行っております。

宅地化されずにいる「空地」、荒れた樹林地、使われなくなった畑など有効活用したい土地所有者と土地を使って公園づくりなどをしたい市民団体等を情報バンクで登録してもらい、お互いマッチングさせて地域の公園・庭に整備しております。
柏市は、その公園に整備するための基盤整備助成、活動助成をおこなっております。(カワニワ制度)

世田谷区では地価が高いために、柏市のような制度が当てはまることは難しいところでありますが、国土交通省で、都市部の公園不足地域を解消するために、地域住民などが空地を公園に整備できる「市民公開緑地制度」を今年にスタートさせるとのことであります。

その際に、費用の一部を国と自治体が補助し、土地の固定資産税なども軽減して整備を促す方向性であるとも聞いております。

このような土地所有者にもメリットがあるシステムができれば、世田谷区内の公園整備もかなり進展するものと思います。また、世田谷区にとっては、公園整備と同じく
木造密集地域が多数存在しており、公園整備は緑確保以上の災害対策になることは間違いありません。

国の動向を注視しながら世田谷区内の緑を増やす取り組みを進めてまいります。