公明党世田谷区議団の有志で豊島区立東池袋フレイル対策センターに視察に伺いました。
(フレイルとは虚弱の意味で、健康と要介護状態の中間の常態で適切な対応により健康な状態に戻るといわれております。)

フレイル対策センターでは、体力測定コーナー、各種講座の開催、としまる体操の実施、フレイルサポーターの養成、介護予防サロンの開催、フレイルチェックなどのフレイル対策事業が行なわれております。
他にも、相談事業、認知症対策事業、認知症カフェ、おとな食堂等も実施されております。
フレイル予防には「運動」「栄養」「社会参加」が重要とされております。
中でも社会参加の機会が低下すると、フレイルの最初の入り口になりやすいことがわかっています。

今日は、豊島区のオリジナル介護予防体操「としまる体操」も皆さんと一緒に経験させていただきました。
豊島区では現在介護予防リーダー、介護予防サポーターが活動しております。
そしてこれからフレイルサポーターを養成していくとのことです