2日目の午後の視察は兵庫県明石市に伺いました。
明石市では不登校対策・いじめ対策について学びました。
(1)不登校対策
○不登校防止のための早期対応システムA-TASS(あかし再登校支援システム)を導入。
このシステムでは欠席連絡シートを活用(連続欠席3日目・断続欠席7日目で欠席連絡シートを起票して関係機関にファックスするもの)
このシステム導入により教職員が児童生徒の欠席に敏感になる。また管理職が中心となった不登校対策が進んだとの成果あり。
○明石市適応教室「もくせい教室」の運営
この教室では学校での人間関係、家庭での事情等により不登校になっている児童生徒に、様々な体験活動を通して自立心や社会性、人とのかかわり方などの力を養い、児童生徒の学校復帰を支援することを目的として運営。
○不登校対策研修会の実施
○幼稚園・保育園・小学校連携の就学サポートシート
○小中学校連携の登校サポートシートの活用

(2)いじめ対策
○いじめアンケート・いじめ防止月間・いじめ防止人形劇・いじめストップあかし等の取り組みを学ぶ。