新型コロナウイルス感染防止対策としてのPCR検査体制の拡充について区長より情報提供がありました。

1、主旨
現在、世田谷区の帰国者・接触者電話相談センターでは4月13日以降に電話受付体制を倍増して対応にあたっております。
また保健所のコロナ関連対策では他部署の応援も入れて70名体制対応中
今回、世田谷区医師会、玉川医師会の協力を得て検査体制を拡充するものです。

2、体制
今迄の保健所での検査実施に加え、世田谷医師会及び玉川医師会の協力を得て、検査待ちの疑い例に対し、PCR検査を実施する。
検査拠点の増設により民間検査機関を活用し迅速な検査体制を構築する。

これから、新たにかかりつけ医のルートをつくることにより検査を受けることができる「仮称PCR検査センター」の設置と電話相談センターの案内による検査を受ける「ドライブスルー方式」を玉川医師会と共にすすめる予定とのこと。
また仮称PCR検査センターでは問診・診断を行いその中でコンピューター断層撮影装置(CT)のよる検査も組み合わせるなど取り組んでいく予定。

4/27 区長記者会見
https://www.youtube.com/watch?v=Wwil3Q–BAw&feature=youtu.be